2020年中学受験とその後のノハナ

首都圏で大手塾Yに通って2020に中学受験終了した娘ノハナの中高一貫ライフ

ノハナ校の大きな変更

 

先日、学校側の理事会と父母会(小中高すべて)の総会がありました。

小・中高の校長をはじめ、理事会メンバーと父母会役員の方々、その他希望者が何十名か出席しており、その他はZOOMでの参加でした。

トータルではかなりの参加人数だったかと思います。

 

理事の方からのお話に色々な質疑応答があり、続いて校長先生からは中高在籍の大部分の保護者にとって大きな関心事であろう、附属の大学への推薦枠の変更についてのお知らせがありました。

 

今後大学との連携をより強めていく方向で、推薦枠が現高2より大幅増ポーン

そもそも、毎年推薦を使って上の大学へ行く子の割合は半数ちょっとくらい。もともとの推薦枠も上限いっぱい使っていないんですよね。

 

上位何割かは上の大学以上のレベルを目指して進学するにせよ、全体では半数以上の生徒が推薦での進学を希望しているはずなんです。

それが、実際に進学するのは半数にとどまっている以上、その推薦条件をパスできない子たちがいるということです。

推薦条件は成績上位何名までとかそういった基準ではなく、英検や論文、もちろん成績面では定期試験で及第点をとっていること、生活態度が推薦されるにふさわしいこと(おそらく)などがあるかと思います。

 

しかし、推薦を希望していたもののそこから漏れ、一般受験になった場合に、それまで外部受験の準備をしていなかったとしたら、非常にまずいことになりませんかね。。

 

ノハナは今のところ、明確にここの学部を目指すとか、将来この方向へという目標がまだないため、附属の大学に行けたらいいな~、くらいに思っているようです。

今後本人の希望がどう変化していくかわかりませんが、推薦枠が増えても手放しでは喜べない状況かなと思います。まずはどうなってもいいよう、真ん中以内の立ち位置をキープし、推薦条件を満たすような生活をしていくことですね(厳密にいえば高校からですが)。

今から気を引き締めてちゃんとしていかないとね、ノハナさん。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

しんどい数日

 

以前も書きましたが、なんでも包み隠さず話しあう親友。

昨年のノハナ受験中も応援してくれてしょっちゅうやりとりしていたのもあって、結果もすぐにお知らせしていました。そのお子さんが2月受験で連日大変苦戦されていて・・・お子さんをよく知っているのもあって、大変な状況の中、どんな思いで今日は今頃あの学校へ・・・そろそろ試験終わっただろうかと常に気になってしまい、色々と手につかないし夜はなかなか寝付けないし。。

初めて訪問する学校などもいくつか受けることになり、3日夜に最初の合格の知らせが来て、後半戦へ突入。本日無事進学先が決まったとの連絡を受け、心からほっとしました。

 

受験はそれぞれみんなにドラマがあるんですよね。連日本当によく頑張ったお子さんに心からお疲れさまを言いたい。今日はみんなぐっすり眠れそうだ。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

英検中止

f:id:love_nyanko:20210123132243p:plain

そういえば、今週末受ける予定だった英検4級が中止になってしまいました。(どうやら4・5級のみ中止)

コロナ禍で大変な状況というのはわかりますが、なんせ判断が直前で遅すぎて、がっくり。習い事も考慮しながら予定を入れて先生にご配慮いただいたりしながら英検を中心にスケジュールを組み立ててきたのになあ。首都圏の公開会場のみ中止というのも何だか納得がいきません。準会場では普通に行われるんですから。

 

そういえば前回の漢検でも公開会場がキャンセルになって準会場のみ実施ということで会場探しに苦労したんだっけ。本当に公開会場にはよいイメージがなくなってしまったな(;^ω^)

わかりますよ、貸し出す側の会場の都合がつかなくなった、準備が追い付かないというのは。だとしたらもう少し、早く決断してほしかったんですよね。

3月に延期ということで日程が発表されていますが、そこもどうなることやらですよね。はたしてコロナは落ち着いているんでしょうか??

 

ところで、中1の1月現在ノハナ校ではまわりのお友達は今回3級または準2級を受験する予定のお子さんばかりだそうです(帰国生はもっと上を目指していることでしょう)

4級なんてほとんどいないんじゃないかな?3級目指せばよかったかな(^-^;と本人言っていましたが、4級の過去問で9割取れてないんだからノハナさんはまずそこからなんとかしましょう。

合格ラインは60~65%ということなので大丈夫かとは思いますが、落としている問題を見るとまだまだ単語力不足だなと感じます。

 

3月に延期された4級を受け、6月に3級トライか。6月は初めから準会場で申し込もうかな。直前まで場所がわからないということもないし。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

毒母・・・自戒の念を込めて

 

久しぶりに一気に読んだ本のご紹介です。
 

山口恵以子さんの「毒母ですが、なにか」。

 

『でこぼこ中学受験』のmaruigoさんのブログで紹介されていた本で、昭和50年代の小学校受験・中学受験が題材にされたブラックコメディです。

怒涛の展開で、笑えるというよりは恐ろしいほど『母親の狂気』(by 2月の勝者)を見せつけられ、母親側にも子供側にも感情移入してしまい、心が忙しい1冊でした。

 

昭和のお話ではありますが、私が知っている現代のお受験事情と、何十年か経ってもちっとも変わっていないような印象を受けました。都内の小学校受験、あの特殊な世界が学校の実名や内実と共に非常にリアルに描かれています。

 

毒母である主人公のりつ子。重ねてどうしても思い出してしまう人物がいました。

 

ここからちょっと長くなります。

ノハナが中学受験をするであろうことは生まれた時から意識していましたが、それなら小学校受験はどうだろうか、と検討した時期がありました。3歳頃だったかと思います。

住まいのマンションにも入園した幼稚園にもお受験される方が多いということもあり、常にお教室の話や知育関係の習い事など、お受験に関連した話が耳に入る環境でした。

当時いくつかお受験のお教室に体験に行ったり、話を聞きに足を運んだりもしましたが、どうもしっくりこず、わが家では結局私立の小学校受験はしないことと決め、受験しないとしても無駄にはならないだろうと国立受験対策のお教室に通うことにしました。

 

そんな年中・年長時期でしたが、当時通っていた運動系の習い事でご一緒した親子がいました。その時間帯はたまたま生徒がとても少なく、長いこと少人数のレッスンで、近くで終わるまで待機していた母親は私ともう一人。彼女のお子さんがお受験予定でした。

 

毎週毎週会っているうちに話題は自然とお受験のことになり、色んな話を聞いていくうちに、私立のお受験とはこんなにも大変なものかと恐れおののきました。小さなきょうだいを抱えながら、週に何度もの高額なお教室通いに加え、志望校に強いとされる絵画のお教室(もちろん紹介制)に往復何時間もかけて通い、隙間時間にはペーパーをやらせ、年長も中盤になると願書の度重なる添削を受け、そこに添える推薦状を書いていただくのにあれこれと準備する。

生半可な気持ちではできません。そこまでの情熱を注げるのはどんな背景があるんだろうと不思議な思いでいましたが、年長になり本番が近づくにつれ、彼女の形相がどんどん変わっていき、お子さんの一挙手一投足に目を見張り、ピリピリしてすぐに怒るようになりました。

それはもう、辛辣でかわいそうなほど。気の毒になって私がお子さんに優しい言葉をかけていると、それもお母さんは明らかに面白くなさそうなのです。

お子さんはもともと天真爛漫で陽気でひょうきんで人の良いところを素直に褒められるような、その年ごろではなかなか出会わないような素敵なお子さんでしたが、その頃はあまりに逐一注意されるからか、お勉強が大変だからなのか、それ以前に比べ表情が乏しくなり委縮しているようでした。

週に一度のその短い時間(しかも人前)だけでさえそうなんだから、どんな毎日を過ごしているのかと想像しては暗い気持ちになりました。

 

結果的には無事第一志望校に合格した上、その後国立附属小の最高峰にも合格するという快進撃でしたから、お母さんのやり方は正解だったのかもしれません。

とにかく、ああ受験が終わって良かったな、と心から思いました。その後連絡は途絶えましたが、お子さんは元気にしているだろうかと今でも時々思い返します。

※ちなみに他のお受験をした知り合いはもっとゆったりとお子さんに向き合っておられる方がほとんどです。見えない部分でご苦労があるかとは思いますが・・・

 

本に出てくる親子はもっと特殊な背景と劇的な展開がありますが、一部を切り取ればそれは今でもありふれた景色であり、親子の姿なのかもしれません。

 

子育てで思い通りにならないことって沢山ありますね。

人間対人間は相性問題があるから、親子であろうと組み合わせによってうまくいったりいかなかったりもするけど、子供のためを思ってした言動が、実は自分の虚栄心のためだったり、自己実現の道具にしてしまっていたり、そういう危険性はいつだってあるのかもしれません。

毒母は大概悪気がなく自覚もないものですから、気を付けなくてはいけませんね。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

ノハナ校の今と渋谷の駅前

 

緊急事態宣言が出ていくつかの習い事がストップしたりもしていますが、学校のほうは分散でもなく、通常通りの始業時間で毎日通学しています。オンラインに関してはあまり積極的にすすめていないと感じるので(2020の休校中もリアルタイムでの双方向オンライン授業は少なかった)、再度休校になったらカリキュラム等どうなるんだろうと心配していましたが、これは良かったことであります。

(※コロナ禍・緊急事態宣言中の通学については色々な考えがあると思いますが、学生の現場での学びをとめることよりもっと優先的にすべき対応があると思っています)

 

部活動は一切なし、帰宅時間は通常よりやや早めかという感じ。

2月入試については他の多くの伝統校同様に面接もなくなりましたが、きっと今頃各校様々なことを想定し万全の体制で受験生を迎える準備をされていることでしょうね。

 

ちなみに私の仕事はコロナ禍以前のように自宅メインでゆっくりと。ノハナ父もノハナも日中いませんので、お正月明けからまたすっかり日常が戻ってきた感じです。

外での打ち合わせは少なめながら、ここ数ヶ月で渋谷の駅前を通る機会が何度かあり、いつもいるハチ公前広場で騒音を立てる人たちは一体何の団体?と素朴な疑問であります。

※マスクを外そう、と主張しているようですが、ドンドコ騒がしい太鼓の音と拡声器の音が大きすぎてちっとも具体的な内容が耳に入ってきません。ほとんどの人たちは失笑しているような感じです。駅前交番の前に仁王立ちで立つ警察官は注意するわけでもないようで、あれを長時間真横で聞き続けるんでしょうから、地獄だなと思います。。

 

f:id:love_nyanko:20210119160611p:plain

とにかく頭痛がしそうなくらいにうるさいのでなるべく足早に通り過ぎます。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます

f:id:love_nyanko:20210102123000p:plain


2021年、明けましておめでとうございます。

いよいよ2021年受験組のみなさんの本番が目前ですね。

 

昨年の同時期のことを振り返って当時のことを思い出しています。

年末年始、ノハナは四谷の正月特訓(12/31~1/2)に行きつつも、テレビ・ネットしながら夜更かしして年越しをし、特訓終了後に家族で浅草寺に初詣に行き、幸先の良いおみくじをひき喜んでおりました。前受け埼玉校の受験を目前に控え、母的には、理科を筆頭にまだまだ穴だらけなのに「受験が楽しみ^^」というノハナにやきもきしつつ、ある意味諦めの境地というか、もうここまできたらなるようになる、という心境だったかと思います。

 

いま思うとなんとゆるゆるな受験生だっただろうと思うことも多いですが、憧れた志望校の中学生になり、あと数か月で早くも2年生になろうとしています。受験に向き合ったあの期間、特に10月位からは、過ぎてしまえば本当にあっという間で密度の濃い時間だったような気がします。

 

2020~2021年は大変な年になりましたが、もうすぐ本番のお子さん・ご家族が病にかからず、それぞれが培ってきた力を本番で発揮できますように、心よりお祈りしています・・・!

 

今年もノハナの生活を中心にのんびり更新となるかと思いますが、お付き合いくださるみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

中学受験の適正校というもの

f:id:love_nyanko:20201222164926p:plain


受験直前だった1年前の今頃って何をしていただろう?

ブログで遡ってみると、模試がすべて終わって振り返りしている記事が目に入りました。さらにこの時期まだprimeビデオを見まくってどうなの、的な(^▽^;)

 

love-nyanko.hatenablog.jp

 

ノハナとは小4からの受験勉強期間を通じて、親子の衝突というかあーだこーだ言い合うバトルはしょっちゅうありましたが(必死さが見えないので、勉強への姿勢、ひいては受験に向かう姿勢に対して私が何かつい言ってしまうのがバトルのきっかけ)、癇癪をおこしたり、成績やテストの出来で泣いたり、ひどく荒れたり、そういうことはほとんどありませんでした。

 

成績がらみで私の前で涙を見せたのは多分1度だけ。

このことをいつか書いたかどうか覚えていませんが、合不合の結果で第4回から第5回は一番落差が大きく、4科で64から59まで、5ポイントも落としています。

その下げの大きな要因は9ポイント落とした国語で、76→67へ。算数も社会も2~3ポイント下げて、理科だけ2ポイント上げ(それも49→51で誤差程度(・_・;))という何ともいえない結果。

 

その第5回合不合を受けた直後、ファミレスかどこかで食事を待っている時に本人が自己採点。国語の採点を終えるとテーブルに突っ伏して静かに泣き出しました。

当然まだ偏差値は出ていない状態ですが、不確定な記述問題は置いておいても、記号の間違えが思ったより多くショックだった模様。

私としてはそんなことより他教科よ、問題は偏差値20位離れてる理科なのよ・・・と心の中で思っていたものの、本人はとにかく生命線である国語の不出来がショックで仕方なかった。そもそも普段泣かないノハナがこうやって外で泣くとは相当きているし、私も少々動揺してしばらくあれこれなだめたことを覚えています。

 

国語1強で科目間の差が激しい女子、ちょっと各教科の平均偏差値を振り返って書いてみます。

 

合不合各教科:9月以降の平均(Min~Max)

  • 算数:56.8 (49~62)
  • 国語:72.4 (67~76)
  • 理科:51.9 (49~55)
  • 社会:59 (55~62)

 

 こういうパターンの場合、適正偏差値ってものがなんだかよくわからなくなり、実際のところ国語では本番は差がつけにくい(算国各150点満点の合不合と違い、受験校は90~100点満点であり、そもそも受験者平均と合格者平均の差が少なかった)ので、むしろ算数でどれだけ失敗しないかが重要でした。

過去問の実施状況などから見ても、60越えの学校に受かったのはラッキーで、本当の適正校は算数の偏差値付近の学校だったのでは、と今では思います。算数の持ち偏差値くらいの学校の過去問は、本人にとって算数のレベルが適正で、国語は易しく、ずいぶんやりやすい印象だったようです(当然といえば当然ですね)。

 

進学先とはたまたまその年の試験問題との相性が良かったのかもしれません。8割近くというボーダーの高さで、例年より高得点勝負だったのと、本番当日に在校生が各教室で励ましたり入学後のお話をしてくださったそうで、そこで「絶対ここに受かりたい」と改めて思わせてもらって気合が入った、そういう精神的なものとの相乗効果があったのではないかなと思います。

 

適正校について改めて考えてみましたが、科目間の差異が激しい場合は結果の予想をたてるのが難しく、いまだによくわかりません。算数の偏差値に合わせるのが正解としても、実際はその付近にココと思う学校がなかったわけで、選択肢は変わらなかったでしょうし。

 

ただひとつ言えるのは、激しい凸凹で持ち偏差値62より、全教科60手前付近で揃えられる方がずっといいってことですね。 まんべんなく同じ位取れていたら、と何度思ったかわかりません(*´▽`*)(当時本人にちらっと言ったら、得意科目なくなったらモチベーション下がるので嫌だよ、ということでしたが)

ないものねだりですよね~。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村