2020年に向けた中学受験挑戦の記録

首都圏で四谷大塚に通う娘ノハナの成績と勉強などのあれこれ

第一回志望校判定テスト(5年秋)の成績表

f:id:love_nyanko:20181009230246p:plain

そういえば子供が志望校判定テストの成績表をもらってきていました。

ネットで先にみられる結果についてはこちら ↓

第一回志望校判定テスト結果 - 2020年に向けた中学受験挑戦の記録

に書きましたが、紙の成績表は今回のテストについて色々な分析が。 

 

中でも気になる志望校内順位。別件で担任の先生と電話した際に少しお話ししましたが、安全校についてはA判定偏差値(Y80)の15ポイントほど上の結果でした。順位も一桁で、この先よほどのことがない限りまず大丈夫でしょうと。さすが人気校と思われたのは、エントリーした適正校とちょっと上のチャレンジ校の2校。テストを受けた女子(2435名)のうち、結構な割合が第6志望までにこの2校を入れていることがわかり気が引き締まりました。まあ、5年9月の段階なので志望校が定まらず、適当にエントリーしている子も多いとのことですが。我が家はおそらくこの2校に関しては受けることになるだろうと思うので、動向が気になります。

もちろん今の時期で、さらに四谷だけのエントリー数なのであくまでも参考程度なのですが、我が家のひとまずの目標としては、次回1月の志望校判定テストも志望校内順位=募集人数の半数以内に入っていること、としたいと思います。(今回はチャレンジ校はあと一歩、適正校は〇。さらに順位を上げられたら嬉しいですな)

 

それにしても、志望校判定の成績表は自分の大学受験の時の模試の結果を思い出しますね。進学先の大学・学部は一度もA判定もらったことなかったけれど(まさにチャレンジ校)本番は英語の長文が楽しく解けたし、やはり問題との相性ってありますね。

 

さ、志望校判定・組分けと終わり、しばらく次の組分けまで大きなテストはないかな。

あ!11/3全統小があった~(*´ω`*) 組分けよりずっとよい成績がでるので毎度気を良くするテストだけど、マークシートだし受ける意味は・・・正直わかりません。四谷生はほぼ必須なのでおとなしく受けることになるでしょう。ま、対策しようもないので普段通りがんばれ。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2020年度(本人・親)へ
にほんブログ村