2020年に向けた中学受験挑戦の記録

首都圏で四谷大塚に通う娘ノハナの成績と勉強などのあれこれ

ここの生徒になりたい

f:id:love_nyanko:20180926114048p:plain

チャレンジ校(A校)はおいておいて、5年の今の立ち位置から目指すのに現実的かなと思っている某女子校(B校)。今月文化祭に行って生徒さんたちを見て、ますます憧れを強めた様子。親としても、ここに通わせたいという思いを強くしました。

 

面接もあるし、ここを熱望している子も多い学校なので第一志望率が高いように思います。ついでにいうと、合格発表から手続き締切までが短く、さらに入学金もお高め(返還制度もなし)なのでいわゆる押さえにはしづらい学校です。

チャレンジ校の入試日は入試日程の中で後半にあたるので、もしこのB校に合格できたとしたら、チャレンジ校の発表を待たずに入金を済ませることになります。そしてその後に、もしもチャレンジ校の合格をいただけたら・・・B校に先に納めた入学金は捨てることに。

(*^▽^*)。。

まあ、そうなれば夢のような展開なので入学金は寄付したと思って喜んで諦めることになるでしょう。(喜んで諦める、ってヘンですけど)

受かる前から、とらぬ狸の・・・ですが、こういうのを見越しておくのも当然必要なことですよね。B校に落ちた場合、チャレンジ校を受けずにもう少し偏差値的に安全な学校を受けるのかも含め、今後の偏差値推移を見て、本人とよく相談して決めていきたいと思います。

 

通塾している校舎の掲示板には昨年度の合格者の名前がずらっと貼ってありますが、このB校に合格したお子さんは1名のみ。A校はひとりもおらず。。

先日受けた志望校判定テスト、素点は出ましたが平均点もわからず、順位・偏差値などはまだ空欄なので気になるところです。

10月はその結果を受けて塾で面談があるので、出題傾向・必要な対策等、しっかり聞いてこようと思います。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2020年度(本人・親)へ
にほんブログ村